停電時のバックアップ機能を持つ太陽光発電システム。

自然災害により電気やガス、水道の供給といったライフラインが長期間停止してしまうという事は、数十年に一度という規模の大きな自然災害の時にしかおそらく生じないでしょう。
ですが日本国内で地震の発生率が高い北海道では、震度5強~6レベルの強い揺れをともなう地震が毎年のように北海道のどこかで発生しており、地震発生後数時間停電したり、水道が止まるということは珍しい事ではないでしょう。
自然災害に備えてライフラインが一時的に停止した時の備えをしておくのは良い事ですが,電気や水道、ガスの供給システムのバックアップを全て個人レベルで行なうというのは困難です。
自宅に太陽光発電システムを設置する事により、自然災害時の電気の供給に関してはバックアップを取る事ができます。
太陽光発電システムは、日中の発電可能な時間帯に限りますが、自然災害や事故等による停電時に、自宅内での非常用電源として機能します。
夜間の停電時には機能しないのが弱点ですが、日中の停電時には大きな助けとなるでしょう。