防災対策と太陽光発電

太陽光発電の一番の魅力として、防災対策に活用できるというところでしょう。
実際に停電しているときでも、昼間ソーラーパネルで太陽光発電した電気がある程度蓄積されている場合には、やり方をしっかり熟知しておくことで、自宅での電力として使うことができます。
とはいえ、やり方を覚えておかないままで停電すると、どれだけ天気がよくてソーラーパネルががんばって電気を作っていても、絶対に電気は使えません。
ソーラー発電の電気を停電中に使うには、パワーコンディショナーが重要な役割を演じます。
どのようにしたら電気を使えるようになるのかというと、パワーコンディショナーの中にあるスイッチを自立モードに切り替えます。
自立モードに切り替えないと、停電していても売電をすることになってしまうので、自宅で電気を使えなくなってしまうのです。
また、自立モードに切り替えたら、専用のコンセントに使いたい家電などをつなぐ必要があります。
工事内容や一部の機種によってはコンセントがない可能性もあるので、ぜひ確認しておくことが大切です。
さらに接続できる電力は1500W程度と決まっているものが多いので、家庭内の家電全てを接続して使えないので、注意が必要です。
夜間は太陽光発電できないうえに、雨天などで電気の量が少ないときも、使える可能性が高いアイテムが制限されます。
だからこそ停電時に、コンセントに家電製品を接続して、太陽光発電した電気を使うことが大切です。
もちろん万が一のときに備えてどのような手順で実行したらいいのかを事前に把握して、いざというときに間違えないようにしておくことも大切です。
手順などに従って何度か予行演習を家族全員で必ず実行することで、手順に対しての間違いをすることもなくなります。
事前に複数回の手順の変更を実行に移すことこそ、停電のときに最良の結果をもたらすといえます。
信頼性の高い状況を確認し、最良の結果を導き出せるために努力をするべきでしょう。