学習塾の経営も光熱費を心配しないで運営できるようになりました。

私は京都市内で学習塾を経営しています。
最初は人数も5人くらいでやっていたのですが、最近では町の方に知ってもらえるようになり30人くらいになって忙しくやっています。
特に受験の時期になると飛び込みで来られる方が多く、お母さん方も大変なようです。
教室は自宅の3階立てのうちの1階を使っています。
けっこう長い間その家にいるので建物も何回か改修工事をしていましたがなんとかその家でこれからも塾をやっていきたいと考えているのです。
ここ数年のうちに学校でもパソコンを使うことが多くなり、宿題もパソコンファイルで提出するようになっているみたいです。
そんなことで私の塾も何台かパソコンを置いています。
自習時間は自由に使えるようにしているので、いつもパソコンは誰かが使っています。
パソコンもけっこう電気代を使うので、月々の光熱費はかかりますね。
今まではしかたのないことだと思っていたのですが、何年か前から「太陽光発電」の宣伝をよく見るようになってきたのでどんなものかと近くの電気屋さんに聞いてみました。
担当の方は親切ですぐに家に来ていただき、まず屋根部分にパネルをおけるかどうかを見られました。
私の家は瓦屋根でしたが、特に問題はなく、隣の家には迷惑かけずに工事できるようでほっと安心しました。
京都市からの補助金制度もうまく使ってやれば費用の負担も少なくなると説明がありました。
パネル設置費用はだいたい10年くらいで回収できるそうです。
これならなんとか塾の経営もやっていけそうでしたので思いきってパネル設置をすることに決めたのです。
学校が休みになる7月頃に工事をしてもらうことになりました。
全部で5日くらいで完成しました。
思っていたより早くできたのでびっくりしました。
毎日の電気代は専用のモニターで見ることができるのでわかりやすくてよいです。
塾の学習の一環として毎日の電気代をパソコンに入力し、エクセルのソフトを使ってグラフ作成することを思いつきました。
生徒たちにこれをやってもらうことにしましたら、けっこう面白いようで電気のことにも感心をもつ生徒が増えました。
塾経営者としてはよい教材が見付かったと嬉しく思いました。
太陽光発電にして「電気」「資源エネルギー」に感心をもつようになりました。
これからも無駄使いをしないようにしてゆきたいと思います。