旭川市に設置して快適な暮らしを実現しましょう

旭川市の一般家庭や農業を営まれている方の家の屋根などに、
太陽パネルが取り付けられている光景を目にする機会が増えましたね。
最近では寒冷地や雪国仕様の太陽光発電のシステムが開発されたり、
設置の際に工夫されているので、
冬季に雪に覆われて天候が荒れ続けるような旭川市のような地域でも、
十分に大きな発電量が期待できます。
とは言っても旭川市の場合に発電効率が若干下がるのは冬季のみで、
春季から秋季にかけてはグングン発電量が上がるので大きなメリットが得られます。
一年を通してみると東北地方や関東地方など全国の各地域と比較しても、
同等あるいはそれ以上の発電量が期待できます。
太陽パネルに雪が降り積もれば太陽光を受けることが出来ないので、
発電量はゼロになりますが、
融雪システムのついた太陽パネルなどを取り付けたり、
積雪しないように、
太陽パネルの傾斜角度を自動変更出来るようなシステムを取り付ければ、
冬季でも十分な発電量が期待できるのです。
春季以降になればまた効率的に太陽を受けとれる角度に変更すれば良いので、
工夫次第でいくらでも太陽光発電による発電メリットを受け取れるのです。
旭川市の場合は、
冬季を除けば気候が穏やかで気温も低いので、
こういった気象条件は太陽光発電の効率的な運転には大変好条件ですので、
大幅な電気料金の削減や売電収入のアップが期待できます。
本州では夏季から秋季にかけてはたびたび台風が発生し、
気象条件が悪くなることもたびたび起きますが、
旭川市はこういった事が皆無に等しいので、
太陽光発電によるメリットを常時受け取れるのです。