メリットを考えてみよう

太陽光発電は、住宅などの屋上や敷地に設置した太陽光発電モジュールに太陽光を当てることで、電力を発生させる仕組みです。
この発電方法は温室効果ガスを発生させないので、地球温暖化の防止に役立つとして、最近注目を浴びています。
この太陽光発電モジュールの設置には、150万円程度費用がかかってしまいますが、地方自治体からの補助金を申請したことで、設置費用が安く済みました。
また、設置することで、その利益の回収を図ることも可能です。
晴れた日の日中には、太陽光により電力が発生するのですが、電力会社と受給契約を結ぶことで、発生した電力を電力会社に売ることができます。
使用電力と売却電力の差額をみると、毎月1万円ほどの黒字になっているので、太陽光発電にして収入源が増えて良かったといえます。
また、日中に発生した電力はためておくことができます。
そこで、ためておいた電力を夜間に使用することもできるため、電気代の節約になります。
さらに、ためておいた電力は、停電の時にも使えるので、たとえば、停電時に携帯電話の充電ができるなど、災害対策にもなりこの点においても太陽光発電にして良かったといえます。