子供に伝える安心のクリーンエネルギー

太陽光発電は、自然のエネルギーである太陽の光を受けて、それを電力にかえる装置のことです。
毎日変わらず大きなパワーを放出している太陽から光を取り込み、電気にしていくという、この発電方法は、とても画期的で、しかも完全クリーンで、CO2を一切排出しないという、夢のようなエネルギーです。
太陽光発電のパネルは大規模でたくさんあればあるほど、太陽光から得た電気は莫大です。
そのため、大きな工場などではメガソーラーを設置していて、学校などでは見学会で見に行ったことがある子供もいるでしょう。
一般家庭なら、4人家族で3キロワット以上あれば十分電気代をゼロにできるといわれています。
特に小さなお子さんがいる家庭で太陽光発電を設置すると、早いうちから電気の大切さ、上手に電気を使う方法を知ることができるので、良い教育になります。
火力発電や原子力発電などと違う、自然のエネルギーであるということを若者が知ることは、これからの地球を守っていくために、とても大切なことだと思います。