雪国では使えないのか?

皆様はこうは思われていませんか?「雪国では太陽光発電は無理だろう」と。
確かに雪が積もったり、冬場などは太陽の光が吸収できなかったり、雪でパネルが押しつぶされてしまうと考えてしまいそうですよね?
それでは実際はどうなのでしょうか?実はそんなことはなくて、南国とそこまで違いがないそうなので、安心して太陽光発電を導入することが出来るのです。
またパネルも耐久力があって少々の雪にはへこたれませんし、パネルが雪を溶かしてくれるのです。
ですから北海道のようなところでも安心して導入することが出来るのです。
北海道は土地が広大ですから、電力も多数必要ですよね?そして、クリーンなエネルギーを使うことが出来るというならば、使うしかありませんよね?
導入の費用は高額ですが、自治体の援助もありますから、そこまで高くならないでしょう。
雪国だからという理由でこのエネルギーを使わないのは惜しいと思います。
さあ、皆さんも最大限に利用しませんか?